駐車場ボッタクリ事件!?小樽市で料金設定を3倍にした中国精神!?

こんにちは!

田山日里です!

 

今回は北海道の小樽市で起きているボッタクリ事件についてです!

ボッタクリ事件が起きたのが駐車場という珍しい場所という事もあって、話題になっていますね。

 

話題になるのも当然で、需要があることを良い事になんと元の料金設定から一気に3倍…

当然市には苦情が殺到し、対応に追われている状況です。

北海道の小樽にボッタクリ事件?

北海道の小樽。

北海道で人気の高い地域であり、歴史のある町としても有名な観光スポットです。

 

そんな北海道を代表する有名なスポットで事件が起きているんです!

事件の内容というのが、ボッタクリ事件。

 

ボッタクリと言えば小売店などを思いつくと思うんですが、北海道の札幌で起きたボッタクリ事件は駐車場のボッタクリ。

駐車場って言うのは、こういう町に点在している時間制で料金が発生する駐車場です。

この手の駐車場で1時間分の料金がボッタクリだ!

と、北海道の小樽市にある有名な環境地近くの駐車場に苦情が寄せられている事態です。

 

苦情が寄せられた理由は1時間1500円という、銀座ばりに高い料金設定…

明らかに観光客からボッタくる気満々の料金設定に苦情が寄せられた事態です。

 

高すぎる駐車場はどこに?

気になるボッタクリ駐車場の場所は、詳細には言えないのですが、この場所。

北海道にある色内埠頭などの埠頭に徒歩で5~10分程度で行ける距離にある場所です。

 

観光客としては便利な場所にあるという事で、多くの人が車を止めたのでしょう。

それを良い事に、駐車場の経営側は観光客からボッタくろうと料金を1時間500円から一気に3倍の1500円に値上げ。

この中国顔負けのボッタクリ事件に対し、北海道の小樽市に多くの苦情が寄せられています。

[cc id=96 title=”アドセンス”]

小樽市の対応は?

多くの苦情が寄せられたことで、小樽市はホームページにて注意文を掲載しています。

その注意文の内容はこちら。

観光や商用で小樽市の駐車場を利用する人達に向けた内容になっています。

内容に関しては現地の料金表示を必ず確認してください。

というもの。

 

というのも、駐車場の料金設定に市が口を出せるものではないらしく警告しかできないそう。

つまり、小樽市のイメージを損なっている某駐車場に対しても市として行動は起こせないんだろうです。

 

その為に、観光客や商用利用している方に対し注意喚起をするにとどまっている事態。

小樽市としては出来る限りの最大の行動が注意喚起という事になります。

 

まとめ

北海道の小樽市で駐車場を管理している側が1時間の駐車料金を従来の500円から3倍の1500円に上げるとボッタクリ事件が発生。

 

事件と言っても、法的には問題がないのでどうすることもできないのですが、多くの苦情が小樽市に寄せられる事態に発展。

今後の誠意ある対応に期待したいところです。

とはいっても、駐車場側も商売なんで儲かるならやっちゃえっていう中国精神何でしょうけどね。

在日が増えるとロクなことがないって言うのがよくわかる事件です。

 

広大でゆったりとした北海道のイメージをぶっ壊してくれた事件。

早い所、元の料金設定に直してもらいたいところですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ