こんにちは!日本の(常)田山日里です!

 

夏と言えばのビッグイベント・お盆休みの日程を紹介します!

 

お盆休みと言えば8月ですが、実は7月にもお盆があるって知っていましたか?

意外なことに東京などの都会では7月に行われる『新のお盆』が一般的だそうです。

 

新旧あるお盆と、お盆にやるべきことを調べてみました!

お盆休みはいつから?新と旧のお盆の違いは?

お盆休みはいつから?

『お盆』は新と旧が存在していますが、お盆休みは旧の日程に設定されています。

この旧のお盆の日程は

8月13日~16日

となっているので、お盆休みは8月の13日~16日ということになります。

 

お盆休みと言えば8月は当たり前ですし、13日~16日が盆休みと記憶しておけば問題ないでしょう。

さすがにお盆休みって何月だっけ?ってなる人は少ないでしょうからね(笑)

 

ここで気になると思うのが、新と旧があるこということ。

お盆の『新旧』は聞きなれないと思うので、ここからは新旧のお盆を紹介していきます。

新のお盆と旧のお盆とは?

まずは新旧お盆の日程から紹介します。

 

新のお盆の日程は

7月13日~16日

となっており、旧のお盆よりも1ヵ月の早い7月中旬に行われています。

 

そして、旧のお盆ですがこちらの日程はお盆休みと同じく

8月13日~16日

となっており、新のお盆よりも1ヵ月遅く8月中旬に行われています。

 

1ヵ月間のズレがありますが、日程や日にちなどは同じ。

そもそもこの新旧お盆とは、旧暦のお盆と区別するために作られたものだそうです。

 

旧暦のお盆を指しているのが、文字通り『旧のお盆』。

そして、新暦に合わせたお盆というのが『新のお盆』です。

 

お盆の意味とやる事は?

新のお盆も旧のお盆もやることは同じです。

13日に迎え火を炊くことにより先祖たちの霊を迎え入れる。

14日、15日で迎え入れた先祖の霊をもてなす。

16日の送り火で先祖を送り出す。

 

つまり、死んだご先祖様たちを供養するのがお盆休みに本来すべきことということになります。

盆の意味を理解し、しっかりとご先祖様たちを供養してあげましょうね。

スポンサードリンク



 


 

キュウリとナスの意味は?

お盆休みに恒例として夏野菜の代表格キュウリとナスで作る馬みたいなコレ。

この2つはご先祖様を送り迎えする精霊馬と精霊牛に見立てています。

 

キュウリで作られる精霊馬は、足の速い馬で少しでも早く地上に来ていただく為。

ナスで作られる精霊牛は、足の遅い牛に見立てられゆっくりと帰っていただく為。

2つ共に意味のある生物に見立てられて作られているわけです。

 

しっかりと意味があるので、精霊馬・牛をつくる際は少しでもイメージを持って作ってあげるとご先祖様も喜ぶかもしれませんよ。

 

まとめ

・お盆休みは8月13~16日。

・新旧あり新は7月、旧は8月で旧暦か新暦かの差。

・お盆は先祖を供養する行儀。

・キュウリとナスは精霊馬・牛である。

 

毎年恒例のお盆ですが、お盆休みがメインになりがちでお盆の意味は忘れられがちですからね。

少しでもお盆の意味を理解して、ご先祖様たちをしっかりと供養してあげましょう。

ご先祖様たちの送り迎えをする精霊馬・牛も心を込めて作ることも忘れずに!

 

仏教によってはお盆の有無や飾り方にも特徴があるそうなので、気になる方は調べてみるといいかもしれませんよ。