こんにちは!田山日里です!

今回は8月26日、『レインボーブリッジの日』について紹介します。

 

レインボーブリッジと言えば踊る大捜査線!

 

織田裕二さん演じる青島さんの

『レインボーブリッジ封鎖できませんっ!』

は、今でも記憶に強く残っていますもの!

 

てっきり、踊る大捜査線の公開日かと思ったんですが残念ながら違いました(笑)

 

今回の記事で紹介するのは

レインボーブリッジの日になった理由とレインボーブリッジに行く際の注意点です。

8/26はレインボーブリッジの日

由来は開通した日付

8月26日がレインボーブリッジの日となった理由は

『踊る大捜査線』絡みかと思ったんですが

『レインボーブリッジが開通した日』だそうです。

 

1993年の8月26日に開通した東日本最大のつり橋です。

 

実は違う正式名称

レインボーブリッジとして知られている東日本最大のつり橋ですが、実は正式名称は他にあります。

 

その正式名称とは

『東京湾連絡橋』

という、東京湾を繋ぐ橋というそのまんまの名前です(笑)

 

踊る大捜査線2の名セリフ

『レインボーブリッジ封鎖できません!』

が印象的で、なんとなくわかっている方も多いと思いますが、こちらの画像を見て分かる通り…

レインボーブリッジは東京湾で隔たれた東京とお台場を繋ぐ(連絡)橋なんですよね。

 

なので、東京湾連絡橋(笑)

レインボーブリッジの正式名称は、そのまんまの意味合いの言葉です。

 

車以外での通行料金

レインボーブリッジのスペック

レインボーブリッジが開通したのは1993年8月26日。

平成5年に東日本最大のつり橋として開通しました。

レインボーブリッジの全長は798m。

つり橋を支える主塔は126メートルの高さを誇り

水面から50mの高さに作られた大きな橋です。

 

 

レインボーブリッジと名前を聞いたことはあると思いますが、いざ大きさを調べてみると予想以上に多き印象を受けますよね。

こんな大きな橋を徒歩や自転車で通過することが出来るのか?を紹介していきます。

 

歩行者用通路の料金は?

レインボーブリッジには車両だけではなく、歩行者用の道路が存在しています。

 

この歩行者道路の料金は無料で、車の横を歩く形になっています。

極普通の橋に見えるかもしれませんが、この画像はレインボーブリッジの歩行者通路。

外から見ると非常に大きな橋ですが、中は至って普通の作りになっています。

 

当然と言えば当然ですが、ちょっとガッカリしますよね…

レインボーブリッジ感がないんですもの(笑)

 

 

しかし、この歩行者通路は意外にも人気が高いんです!

その理由は、レインボーブリッジからの景色を30分近くかけてゆったりと眺め楽しみながら渡ることが出来るから。

1.7kmと歩くには少し大変な距離ですが、その間レインボーブリッジからの絶景が楽しめるわけです。

 

ちなみにですが、天候が良い日には、日本で最高の山・富士山も見ることが出来ることもあるそうですよ。

レインボーブリッジからの富士山…

是非一度は眺めてみたいものですね。

スポンサードリンク



 

自転車は通過できる?

最近、道路交通法?で車と同じ車道を走ることが当然になりつつある自転車。

 

車道を走ることを義務付けられているのだから、車が通れるレインボーブリッジも通れるのかと思いきや…

残念ながら、レインボーブリッジは自転車では渡れません。

 

もちろん、歩行者通路を走ることも禁止されています。

自転車で走ってレインボーブリッジを渡ることは禁止されていると覚えておきましょう。

 

 

しかし、自転車をレインボーブリッジを渡すことは出来ます。

歩行者通路入り口付近で、台座が無料で貸し出されておりそれを装着することで手で押して渡すことは可能です。

後輪についているベニヤ板で作られたのが台座で、これを後輪に装着して手で押して渡るという事ですね。

 

自転車で走行して渡ることは出来ませんが

専用の台座を使い手で押していくことで自転車の方でも渡ることは出来ます。

 

ペットは通過できる?

ペットを飼っている方であれば、家族の一員であるペットと共に橋を渡りたいと思います。

 

しかし、レインボーブリッジを通過する際は、車の中でもケージに入れないと渡ることは出来ません。

歩行者通路も同じでリードや放し飼いで、橋を横断することは禁止されています。

 

ペットと共にレインボーブリッジを渡る際はしっかりとケージを用意することを忘れないようにしましょう。

ケージを用意していないと本当に通過させてもらえなくなります。

 

まとめ

8月26日はレインボーブリッジの日です。

レインボーブリッジが開通した日を記念して名付けられているそうです。

 

レインボーブリッジに足を運ぶ際に、覚えておいてほしいのは3点。

歩行者通路が存在し無料で渡れる。

自転車は走行して渡ることは出来ないけど、手押しでは渡れる。

ペットと一緒にわたる際にはケージ必要。

 

 

この3つは覚えておくと今後足を運んだ際に役に立つと思います!

 

映画の題材にもなっている日本を代表する橋ですし、興味を持ったこの機会に一度は足を運んでみはいかがでしょうか!?