こんにちは!田山日里です!

今回は岐阜県関市で生まれ日本を代表するアイスになるであろう日本刀アイスについてです。

 

刀の町として全国に知られている関市。

そんな刀匠の町に通う女子高生たちが生みだしたアイスだそうですよ。

 

ありそうでなかった刀匠アイス。

やはり奇抜なアイデアは学生など若者たちが生み出すって再認識しちゃいました。

 

日本刀アイスが販売開始!

出来た経緯は高校生!?

日本刀アイスを生み出したのは岐阜県関市に高校に通う女子高生2人。

引用:朝日デジタル

この女子高生2人組。

沢村奈那香さんと大竹明穂さんが発明しました。

 

関市と言えば刀の町として知られている日本でも数少ない刀匠の町。

そんな刀に深く関わる町に住む女子高生たちが、地域で行われている祭の出し物として生み出したのが『日本アイス』が生まれた理由です。

 

ありそうでなかったアイデア『日本刀アイス』

まず間違いなく、東京オリンピックでも売り出されるでしょうし

この2人によって生み出されたアイデアは本当に凄いですよ!

 

お金がガッポガッポ(笑)

 

気になる味は?

 

気になる日本刀アイスの味ですが、味は2種類用意されています。

 

その用意されている2種類の味は

ゆず
こしあん

の2種類です。

上にある黄色い日本刀アイスがゆず味。

さっぽりとした味わいで、アイスの冷たさとの相乗効果で涼むには最高の1本です。

 

そして、下の銀色の日本刀アイスがこしあん。

ゆずとは違いさっぱり感はないですが、こしあんの上品な甘さを味わえる1本になっています。

 

 

この2種類の味があるのですが、実はこの日本刀アイスの『つば』も食べることが可能!

黒くなっていますが鍔はクッキーで作られており、チョコレートが浸み込んでいるんです。

さらに、手に持つ『つか』の部分は特製のプラスチックでできているので持ち帰ることも可能です♪

 

 

つまり日本刀アイスとは

 

プラスチックでできたつか
+
チョコレートクッキーで作られた鍔
+
アイスで作られた刀身

 

この3つの要素を詰め込まれた最高の一振りということです!

 

値段と購入方法は?

岐阜県で行われた地域活性ご当地イベントで販売された時の値段は

1本1000円

で販売されていました。

 

なので、日本刀アイスのお値段は1本あたり1000円と予想されています。

岐阜県で販売されていた頃と値段は変わらないでしょう。

 

岐阜県で行われていた『第50回 関市刃物まつり』で販売されていた頃と値段は変わらないはずです。

 

関市では、祭以降も度々テスト販売をしているらしく

その際も値段は10本あたり1000円で行っていたそうなので

満を持しての全国販売の時期に値段が変わるとは考えて難いので1本1000円。

 

これが日本刀アイスの値段に設定されると思います。

 

 

購入方法に関してですが、岐阜県関市では既に販売されています。

 


8月末より徐々に全国展開されていくそうなので

全国各地で点在している、ご当地グルメやグッズを販売している店舗で購入可能になります。

 

徐々に全国に展開されていくと思うので、自分の地域に回ってくるのを待ちましょう。

まとめ

岐阜県関市の女子高生たちが生みだした日本刀アイスがついに全国展開されます!

関市では何度もテスト販売があったそうですが、ツイッターなどを見る限りかなりの完成度ですし早く食べたいです!

 

ネット販売なども徐々に実装されてい来るだろし、はやく全国展開されないかなぁ?

久しぶりに食べたって思えるアイスだし、少し高いけど絶対食べたい方も多いはず!

 

さすがに岐阜県までは行けないって方も、ネット販売や近場の地方グッズを販売している店舗に使いされるのを心待ちにしましょう!

 

岐阜県で生まれた日本刀アイス情報でした!

それでわっ!