帰省ラッシュの渋滞ピークを回避するには?新幹線で自由席に座る方法!

こんにちは!田山日里です。

 

お盆休みに毎年発生する帰省ラッシュ。

ピークになる時間帯や日程をしっかりと頭に入れて、少しでも快適にお盆休みを過ごすことを心掛けてみてはいかがでしょうか?

今回は、車で規制する人や電車など公共機関を使って帰省する人もいると思うので車編と電車篇の2通り紹介します。

 

是非、今回の記事を参考にして快適なお盆休みを過ごしてくださいね!

帰省ラッシュ車編

帰省ラッシュの平均

帰省ラッシュを回避する方法を紹介しましたので、帰省ラッシュの平均渋滞距離を紹介します。

毎年大体同じくらいの渋滞が起こりますので、参考にしてみてください。

東名高速道路
伊勢原バス亭付近:約40km

東北自動車道
西那須野塩原IC:約50km

中央自動車道
相模湖IC:約40km
関越自動車道
花園IC:45km

 

帰省ラッシュでの渋滞が起こる主要道路は平均で約45kmの渋滞が発生します。

ラッシュの渋滞に捕まると非常に面倒なので、帰省ラッシュに捕まりたくないという方は是非参考にしてください。

 

帰省ラッシュが発生する時間帯は?

帰省ラッシュの混雑がピークに達する時間帯は、お盆が始まった当日の朝7時~8時。

この時間帯が最も込むとされており、時間が経つにつれラッシュでの渋滞は解消されていきます。

 

これは、お盆休みの早い日程の早い時間帯に帰り、少しでも長くお盆休みをゆったり過ごしたいという心理が働く為と言われています。

お盆休みを少しでも満喫したいという心情は当然ですよね。

 

混雑を避けるという事を優先するのであれば、お盆休み開始当日はあえて帰らない。

もしくは、夕方や深夜に寄生するという事で、混雑を回避しストレスなくスムーズに帰省できるのでお勧めです。

 

Uターンラッシュを避けるには?

Uターンとは田舎から都会に出ることです。

このUターンラッシュがピークを迎えるのは最終日の午前中。

 

休みを満喫した人たちが都会や海外旅行を楽しんだ後に帰るのが午前中だからです。

お盆休みを楽しみ、最終日は翌日の仕事に備え少しでもゆったり過ごそうとする方が多いので午前中が込みます。

 

なので、Uターンラッシュに巻き込まれたくないという方は

最終日の早朝に帰る。

もしくは、最終日の深夜に帰る。

このどちらかを選択することで、ラッシュの混雑に巻き込まれることなくスムーズに帰宅することが可能です。

 

帰省ラッシュ新幹線編

みどりの窓口を有効利用

一般的に知られているみどりの窓口。

こちらを利用することで、新幹線をスムーズに予約することが可能です。

 

予約方法は簡単で、みどりの窓口にて駅員さんに

『月日の何時の○駅から○駅までの新幹線の切符をください』

という風に、自分が利用したい日付と時間帯の新幹線の切符をお願いすればOKです。

 

日付と時間帯を言えば、駅員さんが指定の時間帯で使用できる列車候補を上げてくれます。

その中で、自分に合う列車を指定し切符を購入しましょう。

これだけで、新幹線の切符を予約購入することが可能です。

 

券売機を有効利用

駅に設置されている券売機。

全駅ではないのですが、新幹線が通過する駅では新幹線の指定席予約が可能な券売機が置かれています。

 

指定席という部分をタッチして、利用したい日程、時間、車両、を入力し指定席券を購入しましょう。

慣れるまでは少々難しい操作ですが、慣れている人には簡単な操作で購入が可能なので、みどりの窓口が混雑している際は、券売機での購入がおすすめです。

 

自由席に座るには?

新幹線の自由席ですが、お盆休みの期間中は基本的に座ることは困難。

自由席の切符を購入した時点で、座ることは出来ないと思って新幹線に乗るようにしましょう。

 

非常に混雑し、倍率の高い自由席に座る方法は大きく2つ。

1、乗りたい新幹線の30分前に並ぶ。
2、混雑の列に並んでいる場合は、あえて次の車両を待つ。

時間にゆとりがあるのであれば、上記方法で新幹線の自由席に座ることは可能です。

ただし、ここまでするのであれば少々値段が上がりますが指定席の切符を購入したほうが良いと思います。

 

せっかくのお盆休みですし、贅沢してもバチは当たらないはずですし

お盆休みを満喫するためにも、お金を使うっていうのも悪くないと思いますしね。

 

旅行会社を使おう

お盆休みに新幹線の指定席を取るのが面倒だという方は、旅行会社などを使うのがお勧めです。

やはりお金はかかってしまうのですが、新幹線を予約するという意味では効率が良く割引もあるのでお勧めです。

普段は旅行会社を使わないという方でも、せっかくのお盆休みということで旅行会社に頼ってみるというのもありだと思いますよ。

お金はかかりる分、労力は圧倒的に少ないですから。

まとめ

 

毎年恒例の帰省ラッシュ。

ある程度、規則性も出てきているので対策をしっかりと練って快適にお盆休みを過ごしましょう!

 

年に一度しかないお盆休みですから、新幹線の指定席を購入してみたり、旅行会社を使ってみたりなど。

ケチケチするよりもお金を有効利用して快適なお盆休みを過ごすのがお勧めですよ。

 

皆さんが快適なお盆休みを送れることを祈ります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ