回転エビ固め失敗でレスラーが頸髄損傷。頸髄損傷で起こる症状とは?

こんにちは!

田山日里です。

 

今回は5月4日に負傷してしまったプロレスラーの高山さんの頸髄損傷についてです。

 

頸髄損傷とは聞きなれない言葉ですが、首の部分の脊髄を損傷してしまった怪我をさすそうです。

リハビリに臨んでいるという話でしたが、残念なことに高山さんのけがは治らないことが明かされました…

 

頸髄損傷とはどんな怪我なのか?

頸髄損傷で起こる症状とはどんな症状なのか?

頸髄損傷について調べてみました。

高山善廣とは?

高山善廣さんは1966年生まれのプロレスラー。

高山堂という個人事務所に所属している日本に数少ない195cmという長身を誇る選手。

高山善廣

栄えていた全日本プロレスから脱退しプロレスリング・ノアの旗揚げに参加した1人でもあるそうです。

 

選手以外の活動としてはプロレスリング・ノアで行われている試合のレギュラー解説者としても活躍。

さらに、ワールドプロレスリングなどにもゲスト解説者を任されるなど、選手としてだけではなく解説者としても活躍している人物です。

 

そんなプロレスラーでもあり解説者を務められる方が5月4日に行われた試合で怪我を負いました。

回転エビ固め失敗で頸髄損傷

ベテランプロレスラーの高山さんが失敗してしまったのは回転エビ固めという技。

 

その技を失敗してしまったときの画像がこちらです。

見ての通り技をかける際に、頭をマットに打ち付けてしまっているのが分かりますよね。

 

おかしな角度で首がマットに刺さってしまっているような形…

この際に、高山さんは首を負傷し長期入院という形になりました。

 

ちなみにですが、成功した際の技の形はこちら。

本来であれば、相手を飛ぼ超えた後に頭を床に付けずに発展する技のようです。

 

ベテランプロレスラーの失敗…

この結果、高山さんは頸髄損傷という大きなけがを負ってしまいました。

 

高山さんは復帰の見込みなし

頸髄を損傷した高山さんは5月から4か月間のリハビリに努めていましたが

ここ最近になり怪我の損傷はひどく治る見込みが一切ない頸髄完全損傷であると発表されました。

 

症状名から分かる通り、完全損傷…

一切治る見込みはないそうです。

[cc id=96 title=”アドセンス”]

頸髄損傷とは?

今回、高山さんが負ってしまった頸髄損傷はけいずい損傷と読みます。

脊椎損傷は耳にしたことがあると思いますが、頸髄損傷というのは少し珍しいと思います。

 

そこで頸髄損傷について調べてみたのですが、どうやらスポーツ選手に多い事案とのこと。

というのも、頸髄損傷は高い所からの転落や交通事故などで起こりやすいんだそうです。

 

起こっていることは背骨の損傷である脊髄損傷と同じなのですが、頸髄損傷とは主に首の部分の脊髄を損傷した際の損傷をさす言葉だそう。

つまり、頸髄損傷とは脊髄損傷が首で起こった場合を医学用語という事です。

 

頸髄損傷の症状は?

先ほど説明した通り、頸髄とは脊髄と同じく背骨の損傷です。

その為、頸髄損傷で出る症状も脊椎損傷で出る症状と同じです。

 

脊椎損傷で起こる症状は2つ。

1つは損傷した部分の下にある神経を動かすことが出来なくなってしまうこと。

もう1つは、神経の切断された部分の痛みや温度を感じることが出来なくなってしまうこと。

 

損傷した部分から下の器官を動かすことが出来ず、そこに起きた刺激も受け取ることが出来なくなってしまうという事です。

 

そして、今回の頸髄損傷で損傷してしまっている部分は首…

つまり、首から下の感覚がすべてなくなってしまっており、動かすことも刺激を感じることもできなくなってしまっています。

 

まとめ

復帰を待ち望む声が多かった高山さんですが、復帰は出来ないことが確定してしまいました…

悲しいですが、少しでも体が良くなることを祈るしかできないです。

 

今回高山さんが負ってしまった、頸髄損傷とは脊椎損傷が首の部分で起こった症状を指します。

その為、脊椎が損傷した場合の最悪の部分といえます。

 

誰しもに起こりうる最悪の脊髄損傷…

 

iPS細胞とか未知の技術で治せる時代が来てほしいですね。

 

暗くなってしまいましたが今回はこれにて。

それでわっ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ